全体方針

2019年度の全体方針は、「行動」です。

今年度より代表が交代し最初の1年間はガムシャラに「行動」を起こしていきます。今年に入り大阪市地域公共人材派遣の方々と話し合いの場を設けました。あと数回話し合う予定でいます。多くのNPOを支援された方々で、会議の進行、整理等多くを学び、気づきを得ました。

まず、「NPO」って何だろう? みんなで勉強していきます。それから「稼ぐNPO」にするにはどうしたらいいか? ここを一緒に考えていきます。KWCが開発した「スナッキングカード」「フッ化物洗口」も昨年より研修事業を立ち上げました。今年度も引き続き行い、できるだけ多くの学会等に積極的に参加し、社会に問いかける為にKWCを周知していきます。

2019年度は下記のプロジェクトを推進していきます。

1) 予防プログラムの普及​
2) 障がい者予防プログラム事業 ​
3) 研究、研修事業
4) 助成金

1) 予防プログラムの普及

担当: 鎌田(今津)、日髙
目的: 歯科医院で栄養指導を取り入れた健康教育モデルを構築、普及する。
計画: 研修事業の中で、健康教育媒体「スナッキングカード」とフッ化物洗口による予防プログラムの普及を行う。

2) 障がい者予防プログラム事業

担当: 文元、中島
目的: 障害者の口腔ケア(セルフケアとプロフェッショナルケア)を確立する。
計画: 現在大阪市人材バンクの方々とこの事業の「ゴール(何をもって成功か)」と戦略を打ち合わせ中。

3) 研究、研修事業

担当: 鎌田(今津)、森岡、小谷
目的: スナッキングカードとフッ化物洗口の研修を通じて、KWCの予防プログラムを普及していく。
計画: KWCの予防プログラムを「院内ツアー版」と「出張セミナー版」の2パターンの研修スタイルに分け、実施する。

4) 学会発表

担当: 俵本、小谷、中島
目的: 学会参加や発表を通じて、関心をもつ人と交流しネットワークを増やす。
計画: 日本老年歯科医学会、日本障害者歯科学会学術大会、日本栄養改善学会で発表決定。